2011年06月14日

65歳以上の高齢者はリフォーム改修費に最大20万円を補助?

県耐震リフォーム支援 改修費補助に一本化、助成増額も(徳島新聞より)

 徳島県内で耐震基準を満たしていない住宅の改修が進んでいないことを受け、県は簡易な耐震改修に補助する耐震リフォーム支援事業の要件を緩和する。従来は原則、改修費の借入金の利息分に補助していたが、借り入れに関係なく補助する。必要な予算を6月補正予算案に盛り込み、県議会6月定例会に提案する。

 リフォーム支援事業は、1981年以前に建てられた住宅の寝室や居間などの部分補強、耐震ベッドの設置などが対象。現在は借入金の利子に対し最大20万円(融資が受けられない65歳以上の高齢者は改修費に最大20万円)を補助しているが、改修費への補助に一本化する。助成額の増額も検討している。

 このほか、太陽光パネルなど省エネルギー施設の設置やバリアフリー工事を耐震改修と同時に実施する場合も補助を適用する。

 県によると、81年以前に建てられた木造住宅は約9万戸あるが、県の本格的耐震改修支援(上限60万円)、リフォーム支援両事業を合わせても改修したのは600軒余りしかない。
posted by もめない遺産相続と分割協議 at 20:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム 耐震 助成 補助 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(東経情報から)

(株)ウチヤマホールディングス〜「生きるから暮らすへ!」をスローガンに 高品質の介護福祉サービスで躍進

(株)ウチヤマホールディングスは持ち株会社として二本の柱を持っている。ひとつは不動産業からカラオケ店そして飲食店の展開を行っている「(株)ボナー」。そしてもう一本の柱として「(株)さわやか倶楽部」が介護付有料老人ホームを中心とした福祉ビジネスを行い、どちらも着実な業績を上げている。

特に、「(株)さわやか倶楽部」では現在ベッド数が1,920床、関連の社会福祉法人さわやか会で251床、八健会で179床の合計で2,350床と、九州では並ぶものなく、全国でも8位に数えられる業績を上げている。

平成12年に介護保険制度が施行されてから、社会福祉法人として介護老人ホームを手がけ、同社の飲食を始めとするサービス業のノウハウを活かしながら、事業として収益をあげ、なおかつ、お客様に安心して満足いただける福祉サービスを行うビジネスモデルをめざしてきた。そして、既存の高額な民間有料老人ホームと違った、「入居一時金・敷金なし」という一般大衆層向けの介護付有料老人ホームを実現した。今や、社会福祉事業も「選ばれる時代」に入ったと竹村専務は語る。その「さわやか倶楽部」がずっと大事にしてきたのが職員の質の向上と維持。その教育にかける時間も年間450時間から500時間と群を抜いている。それらの成果は来春開設になる北海道旭川市そばの東神楽町における110床の「さわやか東神楽館(ひがしかぐらかん)」に象徴される。これは進出というより町からの企業誘致である。その他にも鳥羽市、大阪枚方市、新潟、熊本、京都など計画がめじろ押しだ。

それら地方公共団体からの信任は介護福祉サービスのノウハウだけでなく、その理念や精神にもあるのかもしれない。「生きるから暮らすへ」というのがここ数年のスローガン。「終の住み処(すみか)で人間らしく暮らしていただく、そのお手伝いの黒子に徹するのが私たちです」と竹村専務は力強く語った。

(株)ウチヤマホールディングス
〒802-0044 北九州市小倉北区熊本2-10-10
TEL 093-551-0002
創業 昭和46年6月
設立 平成18年10月
資本金 4億6,110万円
売上高 グループ 155億円(2010年3月期予想)
関連社会福祉法人 さわやか会、八健会 14億1,400万円(2009年3月期実績)
従業員 3,200人(うち「(株)さわやか倶楽部」 1,200人)
http://www.uchiyama-gr.jp/
Posted by リクルート at 2010年01月05日 23:15
看護師 求人 東京 ナース
Posted by 看護師 求人 東京 ナース at 2010年03月24日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403600589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。